「~になる」を表す表現について説明します。本日は2回目です
日本の納豆に似ているチョングッチャンの由来と、韓国と日本の味噌の違いについて話します
酸っぱくなったキムチをおいしく食べる料理法の紹介とキムチ博物館についてのお話です
古代のキムチがどうやって現在のキムチになったのかのお話です
トッポッキと松餅についてのお話です
時代別に韓国のトッ(餅)がどう変化してきたのかを簡単に紹介します
日本のひな祭りについて感じたことを話します
今回は、朝鮮時代の女性たちの暮らしぶりを取り上げていきます
今回から昔の女性たちの暮らしぶりを取り上げていきます
大晦日の夜、高幡不動に初詣したときの話です
旧暦2月済州道で海の安全と豊漁を祈願する儀式(クッ)について話します
統的旅芸人である男寺党の各種芸能について話します
漢拏山を中心とする済州島と噴火によってできた洞窟を取り上げます
昔の生活をそのまま残している河回と良洞を取り上げます
高敞、和順、江華にある、紀元前に作られたとされる支石墓についてとりあげます
奈良や京都のように地域として世界文化遺産に指定されている慶州。3回目は皇龍寺跡地区と山城地区を取り上げます
奈良や京都のように地域として世界文化遺産に指定されている慶州。2回目は月城地区と大陵苑地区を取り上げ、贍星台(天文台)と半月城(城跡)などについて話します
奈良や京都のように地域として世界文化遺産に指定されている慶州。今日は、儒教の文化財が多くある南山地区についてお話します
慶州にある「仏國寺と石窟庵」の石窟庵について取り上げます。吐含山の峰に位置する築造された石窟寺刹です
慶州にある「仏國寺と石窟庵」の仏國寺について取り上げます
仏教の経典である大蔵経の版木を収めた海印寺の板殿についてお話します
朝鮮時代の王のイサンが築造した水原華城と朝鮮時代のお墓である朝鮮王陵(40基)について話します
ソウルにある5つの宮殿のうち唯一、世界遺産に指定された昌徳宮の話です
世界遺産であるソウルの宗廟を取り上げます。無形遺産である「宗廟先祖のための儀礼および祭礼音楽」についても触れます
「猫かぶり」は「羊かぶり」と言います。その他「泡を食う」、「どんぶり勘定」などを取り上げます。なお、今後は隔週配信とします
「きつねの嫁入り」など天気に関連する慣用句と「気が詰まる」など気に関連する間違えやすい慣用句を取り上げます
日本語の「足を洗う」では「手を洗う」など韓日の頭や、首、手に関する慣用句を比べます
口に合う」は食べ物だけではなく、仕事に関しても使われるなど韓日の顔の部分に関する慣用句を比べます
「顔が広い」は韓国語では「足が広い」という言い回しになるなど、韓日の「顔」に関する慣用句を比べます
人格やことばに関する韓日のことわざを比べます
お餅や食べることに関連した韓日のことわざを比べます
動物を含むことわざの第二弾です。意味はほとんど同じですが、動物が違うものを中心に取り上げます
韓日のことわざを比べます。第一弾として動物を含むことわざを取り上げます
朝鮮王朝の王の中でもっとも尊敬されているイサン。政治を安定させ、文化振興、富国強兵、経済復興に力を尽くした話です
PAGE TOP